新平均足で半自動取引ー常勝の平均足に勝つ(新平均足による半自動取引.zip)

¥ 5,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(342120 バイト)

平均足は、一目均衡表とともに日本で開発されたテクニカル分析指標として世界のトレーダーに広く知られるようになっています。しかしながら、平均足の実際の使い方については、種々述べられてきましたが、ダマシも相当にあり、とても平均的に勝ち続けることは困難になっています。

実際。「常勝の平均足」という著書にある手法をそのままプログラム化して試してみましたが、結果はとても常勝とは参りませんでした。理由はいろいろありますが、著者のエントリー条件は厳格に過ぎて典型的な押し目買いや戻り売り局面でも市場参入ができないこと。押し目買いと戻り売りのみの順張り手法のため、相場が大きく反転する逆張りの局面では何もできないこと。加えて、平均足そのもののダマシが克服できないこと等でした。

そこで、先ず、平均足の計算期間を2倍に変更してダマシの極小化を図ると同時に、最新の足に掛けるウエイトを加重する計算式に改めました。この結果、ダマシを減少させることとともに、足許の相場にも鋭敏に反応する新平均足を開発することができました。フィルターとして移動平均線(EMA20とEMA38)の2本を使用しています。移動平均線は上昇と下降では線色が変化するのでトレンドの方向性が一目で判別できるほか、2本のEMAを有効に利用して、単に押し目買いや戻り売りの順張り局面のみならず、トレンドが大きく変化する際の逆張りにも対応できるようになっています。このため、本製品は裁量取引としてのツールを備えておりますが、以下に述べる方法により、ほぼ自動取引に似た環境を提供いたします。

本製品では、MT4のデモ口座は必要としますが、取引自体は一般のFX会社にてトレードしていただくことができます。

EAは新平均足の色(トレンド)が変わるたびに、スマホや携帯にアラートメールが発信されます。移動平均線(EMS20)の線色が変化したときも同様です。またこれらのメールのオン・オフはダイアログボックスで切り替えることができます。EAでは音によるアラートも出るようにできますが、こちらはデフォルトではオフになっています。

エントリーについて

 上記のチャートを例に売りの場合について説明します。
① 順張り戻り売り局面
 丸い緑で囲まれた局面です。3箇所あります。EMA20は順調に右肩下がりになっています。下げの途中で新平均足が白く変化しますが、決して買いには入りません。下げの途中の一時的な戻りである可能性が非常に高いからです。携帯に買いシグナルのメールが届きますが、この局面では無視です。次に売りのシグナルが出れば戻り売りのチャンス到来ということになります。メールが届いたら、EMA20が右肩下がりの途中で新平均足が白から緑に変わったことを確認して売りのエントリーに入ります。
② 青で囲まれた局面
 新平均足が白から緑に変わり、携帯にもその旨メールが届きました。この時点では、EMA20の線色はいまだ変わってはいません。EMA20の線色が変わってもここは試し売りの段階です。なぜなら、今まで上げ続けてきた相場ですから、また元の上げ相場に戻る可能性もあるからです。この際は、EMA38の動きにも注意します。EMA38の線色が売りに変わり、かつEMA20との位置関係が典型的な売りトレンド(EMA38が上、EMA20が下)になれば、トレンドの大転換による逆張り局面です。本格的に売り参入します。
③ 赤で囲まれた局面
 ②と正反対の本格的なトレンド転換局面です。買いのメールが入ってもEMA20が右肩下がりであれば無視します。EMA20の線色が変わり上昇トレンドに入れば試し買いとなります。EMA38の線色を待ってからエントリーしても遅くはありません。

半自動取引
 
 半自動取引の趣旨がお分かりいただいたでしょうか。ベテラントレーダーになると、もはやパソコン画面を四六時中見続けることはできません。携帯でトレンド変化を知ることができれば、間髪を入れずに市場参入することができ、ほぼ自動取引に準ずるトレード環境を提供してくれます。

MT4のメール設定の仕方

 EAをMT4に展開したとしても、MT4のメール設定機能を正しく設定しないとスマホや携帯にメールが届きません。MT4のツール→オプション→Eメールで設定しますが、その方法はお使いのプロバイダーによって異なります。開発者のブログで、Yahoo、Gmail、OCNについてはその設定方法を説明していますので、参照してください。
https://blog.goo.ne.jp/antnobu/e/d6e22e266fd085f99faaea4477dc4cb1
https://blog.goo.ne.jp/antnobu/e/22105706fddd35e0a536d024dc6fc028


手仕舞い条件

 手仕舞いは新平均足の線色が逆転したときとするのが普通ですが、それでは遅い場合があります。お勧めは、トレイリングストップを利用して、半ば強制的に利確するのが得策といえます。

開発の経緯は担当者ブログ参照
https://blog.goo.ne.jp/antnobu/e/da93903cb2b6d5c5fd0f0b5d60751a25

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する